新着情報

8/1(金)、福岡市の国連ハビタット本部の「ハビタット」広場で、「福岡の雨水利用技術でラオスに安全で安定した水を」というテーマで話をさせていただきました。約50人の方々に熱心に聴いていただき、盛り上げていただきました。 今回のラオスでの事業は、国連ハビタットが2008年より実施している「いのちの水」事業に寄せられた市民からのご寄付で行われたもので、当社にとっては貴重な体験・ご縁をいただきましたことを、心より感謝申し上げます。 日本では考えられないことですが、世界には給水の届かない地域が数多くあります。そこに暮らしている方々に少しでもお役にたてるよう取組んで参ります。

ページのトップへ戻る