ラオスで3基目の雨水貯水地下タンク「ためとっと」を築造しました。

国連ハビタット様のご依頼で5/24~6/1ラオス人民主共和国にあるアタプー県に雨水貯水地下タンク「ためとっと」(貯水量約150トン)を築造して参りました。

今回も現地の方の飲料水として利用される予定です。

2014年7月に、国連ハビタット様のご依頼で2基(それぞれ貯水量約100トン)を築造しましたが、現地にお役に立てているということで、再びご依頼をいただき、アタプー県サイサイ村へ伺い、3基目の「ためとっと」を築造しました。

今回の「いのちの水プロジェクト」に募金いただいたソロプチミスト様、市民の皆様、そして国連ハビタット様、貴重な経験に感謝申し上げます。

微力ですが、ラオスに生活環境に貢献できますことを社員一同誇りに思っております。

2017ラオスでの様子

ページのトップへ戻る